シューティング補習配信「ネメシス」vs「八丁堀」

Share on facebook
Share on twitter

シューティング補習配信「ネメシス」vs「八丁堀」

48 767 views | 22 Dec. 2014
48 767 views | 22 Dec. 2014

2014/12/22 - Captured Live on Ustream at http://www.ustream.tv/channel/mikado-00

Related:

【モトブログ】初コラボ!お相手は「伊豆へようこそ!」のつつけんさん!せっかくのコラボなのに大遅刻。やっと合流出来たのにポリスマン!初コラボなのに出て来ちゃマズいでしょ!からの初ライダーズカフェGSさん
kazu kazu

八丁さんの苦しみが痛いほどよくわかる「等身大」の非常にいいグラディウス攻略動画でした笑。イケダさん達の昔話も面白い。
ゲーセンでみんなでワイワイプレイしてるような雰囲気のいい動画だ

Hyuga

ミサイルはもっこりの後w
完全に下ネタww

モンハン界のアイドルエンタライナ

欧州版のネメシスか…
欧州版のネメシスは日本のグラディウスベースで作られているから、俺は米国版のネメシスが好きだなあ。





欧州版と米国版との大きな違いは、難易度だと思う。
米国版は1周なのに邪魔な雑魚キャラが多いうえ、攻撃がとにかく激しい!
例えば、3面(モアイステージ)の宇宙空間エリアでマザーが3機(他は1機だけ)出現したり、逆火山ステージの雑魚の攻撃が弾幕ゲームなみに激しすぎてシールドがなければ突破が厳しくなる。
だが、米国版ではやられると、そのやり直し地点でカプセル持ちの赤い雑魚が大量に出現する。そのうえ、再開時は雑魚キャラの攻撃が激しくないため復活しやすい。
おまけに、有限だが米国版のネメシスはコンテニューもできる。
そういった、他のグラディウス作品(ネメシスのタイトルも含む)にはあまりない要素があるから、俺は米国版のネメシスが好きというわけ。
ちなみに俺は、2周目のストーンヘンジ(2-2面)が限界。

you miya

ああ池田氏が言うように、小学生当時兄貴と一緒にグラディウスをやってた時
兄貴の口癖は「レーザーには余波がある」と、6面のアメーバをレーザーを当てずして得意げに攻略していたが
色々とかっこいいゲームだと思ったもんだ、実はいつものコナミの雑な作りで当たり判定がずれてただけだったのかw

パパリオ

2週目のまさかの展開に笑ってしまいました。

enola sk

「グラディウスシリーズやってみたいけどパワーアップとか複雑だしなんか敷居高そう…」って人に是非見て欲しい動画。