1兆円企業を生み出すためにベンチャーキャピタルがすべきこととは?~朝倉祐介×堤達生×宮田拓弥×仮屋薗聡一

Share on facebook
Share on twitter

1兆円企業を生み出すためにベンチャーキャピタルがすべきこととは?~朝倉祐介×堤達生×宮田拓弥×仮屋薗聡一

9 604 views | 30 Jul. 2018
9 604 views | 30 Jul. 2018

ウェブ: http://globis.jp/

シニフィアン・朝倉氏×グリーベンチャーズ・堤氏×スクラムベンチャーズ・宮田氏×グロービス・キャピタル・パートナーズ・仮屋薗

G1ベンチャー2018

第5部分科会A「1兆円企業を生み出すためにベンチャーキャピタルが出来ること」

(2018年6月17日開催/グロービス経営大学院 東京校)

2017年に米国のVCがベンチャー企業に投じた投資額は合計840億ドル(約9兆4,330億円)に達した。スタンフォード・ビジネススクールの統計によれば、米国全公開企業の43%が、VCの支援対象となっており、そうした企業が米国の全従業員の38%を雇用し、時価総額でも57%を占めるという。日本でもここ数年VCの投資額は着実に増加傾向をたどり、1,000億円を超えてきている。企業の価値を創造し、日本でも時価総額1兆円を越えるベンチャーを育てるためVCがすべきこととは。(肩書きは2018年6月17日登壇当時のもの)

朝倉 祐介

シニフィアン株式会社 共同代表

堤 達生

グリーベンチャーズ株式会社 General Partner

宮田 拓弥

スクラムベンチャーズ 創業者 兼 ジェネラルパートナー

仮屋薗 聡一(モデレーター)

グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー/一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長

GLOBIS知見録

ウェブ: http://globis.jp/

ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP

アプリ: http://yapp.li/go/globis