【試乗動画】2017 新型スイフト RSt エンジン音 K10C

Share on facebook
Share on twitter

【試乗動画】2017 新型スイフト RSt エンジン音 K10C

43 619 views | 10 Jan. 2017
43 619 views | 10 Jan. 2017

2017年式 新型スイフトに速攻試乗してきました。

詳しいインプレッションは僕のブログを見て下さいね。

http://www.syaraku913.com/2017/01/post-929/

グレードは1リッター3気筒ターボエンジン搭載のRStです。

同行者がいなかったので走行中の動画は撮影できませんでしたので、

ブリッピング時のエンジン音&回転フィールをご覧ください。

岡本雄大

確かに、試乗してみるとパワーウエイトレシオ、トルクウェイトレシオから想像していた程のパンチは有りませんでした。

良く出来た実用エンジンという印象でしたねぇ。
RStグレードはもう少しスポーティーな味付けでも良かったのではないかと思います。

天音エクナ

3気筒Turboの割にいい音ですね♪
K10CはNA1.5Lエンジンと同等の出力・トルクを発揮するダウンサイジングターボですね。
確かに他の方が言うように”スポーツカー”として見れば微妙なエンジンかもしれませんが、あくまで経済性と走りを両立した
エンジンなので、正直このスペックでも出来すぎで怖いくらいです。燃料がハイオクからレギュラーに代わって出力が落ちたことに不満を持つ人が多いですが、年間4000円弱も燃料費が変わるということは3年で1万円以上のランニングコスト差を生みます。しかも他メーカーがエンジンをレギュラー対応させると平均15~20馬力程度下がってしまうところを9馬力しか低下させないし、レギュラーだと劣化しやすい燃費もハイオク仕様と変わらないレベルまで持ち上げてくるスズキはやはり凄いですね!

883uno

走ってる他のレビュー動画では荒々しく感じましたけど
この動画だと滑らか3気筒ですね

maz da

私はRSt(ターボ)にはバレーノと同じハイオク仕様にしてほしかった。同じエンジンなのにレギュラー仕様にしたからパワーダウンしている。
バレーノ仕様
111馬力/5500回転
16.3kg.m/1500回転
スイフト仕様
102馬力/5500回転
15.3kg.m/1700回転
ハイオクは単価の高さからランニングコストが高くなると思うけど、実際はパワーが上がることによってエンジンを回さなくても走れるようになり、燃費が上がる。それでもレギュラー仕様の方が多少安いとは思うけど、そもそも燃費がいいんだから大した差ではない。
レギュラー120円で実燃費15キロとして1万キロ走るのに80000円
ハイオク130円で実燃費15.5キロとして1万キロ走るのに83871円

1万キロあたり僅か3900円で、絶対性能はスイスポには敵わないけど、スイスポより身近に楽しめる車になったのに
こんな軽量な車にとって9馬力&トルク1キロは大きい

Samith Perera

Love the engine sound.

渡辺

回転が下がるのが遅いなあ…レスポンス的にはどうなんだろう…