#222 ダウンでシャフトは立てる?寝かす?マイク・マラスカのシャローイングとは?

Share on facebook
Share on twitter

#222 ダウンでシャフトは立てる?寝かす?マイク・マラスカのシャローイングとは?

5 942 views | 26 Aug. 2020
5 942 views | 26 Aug. 2020

■オンラインコース〜スライスの直し方〜

https://kiwigolfjapan.com/how-to-cure-your-slice-sign-up-page/

■レッスン生配信ウェビナーをチェック 

https://kiwigolfjapan.com/kiwicoach-live-lesson-webinar-checkout-page/

■レッスンの予約

https://kiwigolfjapan.com/ja/physical-lessons-sign-up-page-kiwicoach/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■制作スタッフ

ビデオグラファー:キウイコーチ ・あやの

翻訳:あやの

■使用したオリジナル動画

https://www.youtube.com/watch?v=eAxKS82W2E0&t=971s

■マイク・マラスカについて

https://www.malaskagolf.com

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎最新メディア出演情報

ゴルフ雑誌ALBA【787・788・789・791・793号掲載】

ゴルフNetTV 【金本知憲350ヤードワンオンチャレンジ】

◎最新レッスンスケジュール

https://kiwigolfjapan.com/physical-lessons-sign-up-page-kiwicoach/

公式HP

https://kiwigolfjapan.com

コンタクト

[email protected]

キウイコーチのインスタ

https://www.instagram.com/mikesogacad...

キウイコーチのUS版YouTubeアカウント

https://goo.gl/L4fxvf

ご視聴ありがとうございました!

#MikeMalaska

#シャローイング

#キウイコーチ

東銀座203

結局は立ちすぎても寝すぎてもNGという事ですね。最近のシャロー、シャローと言い過ぎるティーチングもNGと言う事、一方、立てろ、立てろと言うティーチングもNG。ダウンではオンシャフトプレーンからライトエルボープレーンにおさまっていればいい。正面から見ればシャフトは立って見えるが後方から見ると斜めに下りてくるという事です。昔のレッスンでシャフトを立てろは正面から見た話、今は後方から見てシャローにのレッスンが多い。結局は同じ事ですね。

みのるふじた

誤解ですね。

くらふとらいん

元の動画は、結果としてシャローな形を作るために、切り返しであえてスティープに降ろす「感覚」でやるといい、ということを言っているのだと思っていました。
現に私は、「敢えてスティープに降ろす感覚」で、はじめて念願のシャローイングができました。

KOJI HORINO堀野晃二

私は25年前からMikeMalaskaの弟子です。JackNicklaus AcademyではJimFlickの時からインサイドループが基本でした。今はシャローイングと言っていますが、何十年もインサイドループを教えてる上で、クラブの倒れるエネルギーをどう対処するか教えているのです。
その歴史が語られるべきでもあると思います。
キウイコーチのカバーもありがたいですが、私としては少し悲しい内容でした。Mikeの歴史、Nicklaus Academyの歴史を知った上で話して欲しかったです。

magicalcloud9

このチャンネルは凄いかも。
流行り言葉に流されやすい
YouTubeゴルファーにとって
目の覚める視点移動になる(笑)

tttomi28

取り上げて頂きありがとうございました
大変スッキリしました

Ty Ty

Great idea bro

kohta 129

マラスカ氏は他の動画でも 形を見て真似することの無意味さを提唱しています。動画や写真にはフォースは映りません、だから多くの人はフォースを加えた結果の形に囚われて、その形を真似れば正解だと思ってしまうのですね。動きの中でグラビティなどによる外的作用で変わってしまっている形を正しい形だと言う勘違いを正してくれていると言うことですね。 ベースとなる形は其々のスイングフォームの提唱者によって違うので、正解不正解を評価することは誰にもできません。ただ、其々の理論で行ったスイングフォームも動きの中では、スイングしている本人の意図した形とは差異があることを知った上で真似をすれば良いと言うことでしょうね。