SCP-1450-JP/プロトコル・アップグルント ゆっくり紹介

Share on facebook
Share on twitter

SCP-1450-JP/プロトコル・アップグルント ゆっくり紹介

23 928 views | 7 May. 2020
23 928 views | 7 May. 2020

Und wenn du lange in einen Abgrund blickst, blickt der Abgrund auch in dich hinein.

本家SCP様 http://scp-jp.wikidot.com/scp-1450-jp

BGM https://youtu.be/9EOavqZG6mA

   https://youtu.be/n79aphwhpW0

NCS Spotify: http://spoti.fi/NCS

 

#SCP #SCPFoundation #Keter

りりいる

倫理委員会の精神力高いよなあ……自分自身も含め全ての仲間や忠誠を誓ってきた財団が消失し、財団の外にいる家族や友人から忘れ去られてしまう事を承知の上で、「財団倫理」にその身を捧ぐ覚悟……半端ない

イフリートナハト

悪を始めるぞ…!

みなこな

20:04の叩く表現が好きすぎる

零崎智識

「じゃあな、また会おう、地獄でな。」

待ってるよ。

蒼かえる

ああああああああああ!!
大好きなアップグルントだぁ!!
ありがとうございます!ありがとうございます!(狂乱)

阿久津誠

おいおい、あんたら財団が…



あんたら財団が“怪異”と呼ばれる類いのモノをほとんど根こそぎそっちに持ってっちまったんだ。
おかげで“現実”と名付けられた俺らの世界は夢やら空想やらに頼らなきゃ明日を生き抜く気力も湧かせられない空虚なありさまだ。
こっちの世界じゃなんの怪異でもないのに毎日何百人も何千人も″普通に″死ぬんだ。
Dクラスなんていないのに人は毎日消耗されてる。

知ってるだろうけど世界で1番読まれてる創作物には「地獄とは神の不在なり」って書かれてるんだぜ。
もちろんこっちの世界の何処にも神なんてもの居やしない。それこそ創作物の中にだけにしかな。
悪魔も怪物もいない。そう呼ばれる奴らもみんな少しイカレてるだけのただの人間だ。
あんたらが、そして俺ら自身が、なにもかも箱に詰めて“創作”の奥にしまい込んじまった。

つまりだ。

「お帰り兄弟。″本物の″地獄へようこそ」ってこと。待ってるぜ。

足立区

財団の内通者の"善人"が一人でもいたらこの作戦終わりでは?
そもそも1450jpの細かいスペックがわかってない以上ことが終わってから各国が捨てるとかいう予想もガバいし

SCP-2000の兵士

ん?GOCはSCPオブシェクトの徹底破壊が目標なのにそれを掲げる事務総長が矛盾を持ってる?こいつについては大雑把にしかわからん

Hakezo TypeZ

難しくてなるほど???ってなった

井上田中

熱い…すき…

カラシネコ

SCP財団は現実に帰ってくるオマエたちの考えた化け物達と一緒に…

兄ぃダル

このscpの補足)
・矛盾の緩衝材というところがポイント。SCPが意図的に財団を創造上の世界に取り込むのではなくて、この世界では財団は存在するという事象が""無限の可能性""の中から選び取られて整合性を得ているが、財団を排除しようとする国々の操作で可能性の中から財団が存在しないという事象を選び出しその事象が整合性を得たため結果的に財団は創作上の世界に取り込まれた

・SCPは都市伝説など現実ではありえないことを内包する

・この世界と創作上の世界は""間接的に""繋がっている

帰還作戦

目的)まず1度創作上の世界にとりこまれてからこの世界に帰還する

その1.【創作の世界とこの世界を"直接的"に繋げる】
本来なら認識という壁で隔てられている二つの世界を直接繋げることで財団は存在するという事象を引っ張り出しやすくする。
→「僕は、私は100%財団を認識してるよ!!」って言質をとることで接続を安定化させる

その2.【この世界に存在していた財団をそのまんま引っ張り出すために財団を定義する】
創作上の存在(ぼっやっとした存在)に財団設立からのこれまでの歴史を付け加えることで形あるものにし、創作上の世界からこの世界に戻る際の財団の姿を確定させる

その3.【仕上げに財団の存在を隠すために文書を創作世界に飛ばす】
文書の秘匿性をあげることで一種の都市伝説となり、文書はSCPに取り込まれ財団の情報が漏れるのを防ぐ

以上からO5-3の言っていた『悪』とはSCPの理念に反し、確保収容保護を一時的に放棄することで財団を誰も、どの国も攻撃できない組織にするということなのでしょうか?

もし解釈が間違ってたら教えてください
このSCP難しいようぅぅ

やらいふれな

シュタゲ的な何かを感じるSCPやな

rinu chito

第四の壁を自らぶっ壊しに行く財団さん

宮坂咲花

メタはいけませんね

謎の魚

22:00
鳥肌

suppai man

簡単なまとめ




このSCP-1450に飲み込まれればすべてなかったもしくは伝説上,空想上のものになる。
魔法も龍も天使も悪魔もSCP-682もSCP-1450も。SCP財団も。


SCP財団は確かにある。SCP達を封じるために生贄をささげ,人権を無視した実験を時に行う。


しかしSCPという実際にはない空想上のものを抑え込むために存在し,それを実行していればただの狂人の集団である。空想のものから人々を守ると称して,惨殺を行うカルト集団になる。


しかしSCPが消えてなくなったわけではない。収容を継続させるにはSCP財団が存続しなければならない。SCP財団を存続させるにはホラ吹きと呼ばれようが,犯罪者になろうがこの事実を伝えなければならない。


「さあ,悪を始めるぞ。」

くには

うぽつ

面白かった。

黒白人間

こちらの世界に何かを送り込もうとしてるのは察しがついたけど、まさか財団自体を創作世界から引っ張りだすとは。考えた人凄い!

ばれん*vallen*

凄すぎて鳥肌立って鳥になった

ふれっしゅぞんび

全てが終わったあとに、道端のおでん屋台なんかでO5-3とクライ研究員がサシ飲みしてる所を見たい

平岡良康

「悪」のコンテストのSCP-1450-JP「プロジェクト・アップグルント」
「無」のコンテストのSCP-001-JP/Okaka_onigiriの提言Ⅱ「隔絶」
方向性は違えど、どちらも「SCiPの存在を無きものにする」という意味では一緒の記事。

振旗明

この文書を通じて帰ってくる財団はこの文書におけるイメージ、つまり必ずわるいざいだんで帰ってきてしまうんですね

兵站参謀

O5-3が最後の大隊の少佐に思えたのは私だけだろうか?

びーる

うぽつですっ!!!

かふぇ

やべぇ…O5にこんなにかっこいい人いたんか

零崎智識

皆聞いてくれ。
我らが財団の華々しくも残酷な活動によって世界はなんとか保たれてきた。
だがそんな英雄に対する世界の意見は「消えろ」というものだった。
おかげで我々は神も悪魔も存在しない空虚な現実を空想に縋って生きることになった。
そんなことが許されるか?
断じて否だ。
我々は財団に数えきれないほど救われてきた。
今度はこっちが救う番だ。
もし財団への恩義を感じているのなら協力してくれ。
我々が財団を蘇らせるんだ。

協力者として。
財団職員として。
我らが財団のために。
我らが英雄のために。

さあ、

悪を始めるぞ。

RX TG

あれ?サムネ変わった?

西行寺明石

SCP財団や関連する財団法人の帰還を徹底的に阻止しなければならない。

97 SUZUKA

やばいo5-3かっこいい....

wren t

あーこれワルコンのやつか

Asasin

いやぁ…このSCPも編集もクソかっこいいなぁ

シグマ

(一応ネタバレ配慮の改行)




もしSCP財団が現実世界への帰還に成功したら、世界中の記事制作者の方々が創りだした幾万ものSCPも一緒にこちら側に来ることになるのか・・・(戦慄) こないで(切実)
どのSCPがKクラスシナリオ熾すかのチキンレースやろそんなん

nagi

読み手の数だけ世界がある

八頭身派-はっと-VTuberではない方の

少なくとも動画作った人はシュ○ゲ好きだろw
俺は好きだね!

A7V A7V

こちらの世界「こっちに来ないで」

やましろ

何の気なしに同意した結果、財団をこちらの世界に呼び出すボタン。




「いいえ」の選択肢が無いのも巧妙な手だなぁ、押しちゃうもんな。

ぷそこ

久々に最高なSCPを知れた、ありがとう

あっとくんと愉快な仲間たち

ネタバレ




『"すてきなプレゼント"と一緒に帰るんだ』
『また会おう、地獄でな』
やめてこないで、SCP好きな人らはシャイガイの顔見まくってるだろうからワンチャン一瞬で世界終焉まっしぐら

ただのみのる

こないで

白森めい

o5-3の宣言とかタライの言葉とか臭くて怠いけどSCPのネタはめっちゃ好き

T R

こういうメタ系SCPだいすき

ガラス三角

すごい…現実にあったことと私たちの現実での整合性を持たせる
作者もすごいし、財団職員の覚悟もすごい。
あなたは生き返れるからって、今、死ねる覚悟をできますか?

level4財団職員

いや財団のみんなめっちゃ頑張ってるところ申し訳ないんだけど





こ っ ち く る な

Asleep

最後のセリフ殺意しかなくて好き

阿修羅

彼らは言った、新しく創作されたSCPをプレゼントに持ってくると、なら作ればいいだろ?皆が最高に幸せになれる。そんな最高のSCPを、それは間違いなく彼らが望んだことであるのだから。

あらき

これ最初読んだ時「この文書"に"」じゃなくて「この文書"が"」ってなってたのすごい引っかかってたけど、読み進んでくと"が"である理由が分かって、鳥肌立った
これだからSCPはやめられない

HA ZE

面白かった!

たぬポンポン

現実世界は我々が思っているより財団が存在する世界から怨みを買っているかもしれませんね・・・・・

最強のホイミ

「scpが創作物である」という事実自体をscpとして作り上げるとは… 面白かったけど、若干メタってるよね

ぴいるどふど

これ少し似たようななSCPあったような希ガス
SCP財団の使っているものと全く同じ物がWebサイトに存在していて、慌てて財団職員が中国、日本、ロシア以外のサイトは消し去ることに成功した…ってやつ

Rlo

ざっくりですけど帰還作戦の説明
財団に関係する文書を同意の元で読ませる
この同意には、「この設定が公式設定であると認めますか?」という機能があると思われる。SCP-1450-jpの中に入ってしまうと創作としての無限の可能性に晒されるので例えば同人誌や二次創作みたいにScpが美少女になってたりという多様な解釈が存在してしまうことになる。その対策として「同意」させることにより、この報告書以外に公式設定は存在しないよと定義できる。また、複数人に読ませる必要性は、例えばクソトカゲの報告書しか残さなかったら、現実世界に帰還できるのはクソトカゲとそれに関わった人員のみになってしまうが、scp財団の膨大な報告書を大量の人に読ませることでパズルのピースが埋まるように情報が補完され、財団が1450-jpに取り込まれる前とほとんど変わらない状態で帰還できる。
文書の発見を遅らせ、一定期間後に発見されるようにしたのは、1450-jpが機能している内に帰還してしまうと再度取り込まれてしまう恐れがあるためだと思われる。

日本語おかしい所があるかもしれないけどとりあえずこんな感じで

まるこするさんてぃねす

まさか「が」から既に事が始まってるとは……たまげたしやられた

と び お

クッソデカいシュレディンガーの猫みてぇだな